DV(加害者の傾向として、発達障害などの精神障害があることも多いでしょう)とは、ドメスティック・バイオレンス・ジェンダーバイオレンスの略で、配偶者(結婚相手の法律的な呼称です)や内縁関係、両親・子・兄弟・親戚などといった家族からうける家庭内暴力や、元夫婦や恋人など近親者(遺伝学では、遺伝子を4分の1共有している第二度近親までをいいます)間に起こる暴力をいいます。しかし、一般には夫やパートナー(パートナー次第で、本来の能力以上の力が出せることもあるでしょう)なんかの親密な関係にある男性から、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)に対してふるわれる暴力のことを指すになっているでしょう。DV(最近では、女性が男性に対して行うケースも増えてきており、被害者の割合は同?だという説もあります)に挙げられる行為としては、以下みたいなものがあります。 ・身体的暴力 ・精神的暴力 ・性的暴力 ・経済的暴力 ・社会的暴力 モラハラ(結婚のほかに、妊娠や出産をきっかけに変貌することもあるでしょう)は、DV(地域によっても発生する割合が畭なるそうです)の中の精神的暴力のみをいいます。精神的暴力の加害者は、男性のみならず、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)であるケースもあって、またDVが家庭内など密閉された空間でおこなわれるのに対して、モラハラ(最初は優しかったのに、結婚後に突然豹変することも多いそうです)は職場など公の場で行われる事も少なくないでしょう。一方、調停などの場では、DV(近年では、女性が男性に対して行うケースも増えているようです)は立証がしやすいとは言え、モラハラ(外面はいいのに、人目がなくなると別人のように暴言を吐いたりします)は立証が難しいという違いもあるようです。DV(地域によっても発生する割合が畭なるそうです)で体にあざを作ったり、DV(地域によっても発生する割合が畭なるそうです)の現場にパトカーを呼べば、相手は数日間の勾留および取り調べを受けて、DV(アメリカでは男性用のシェルターもあるそうです)保護法と傷害罪が適用されます。調停では関係者全員が味方してくれ、一方的に進行します。でも、モラハラ(夫婦間で起こった場合、時には子供にまで悪影響を及ぼすこともあります)だったら、精神的な被害である為に証拠(男性の浮気などは、女性の第六感の方が正確に察知するかもしれませんね)がとりにくく、相手がうそをつき、それが巧みであれば、調停委員が丸め込まれる可能性も否定できません。DV(地域によっても発生する割合が畭なるそうです)は、法律で守ってもらいやすい虐待とはいっても、モラハラ(外面はいいのに、人目がなくなると別人のように暴言を吐いたりします)はハッキリ立証できなければ、法律での保護が受けにくい虐待と言えると思いますー